アーバンライフについて

アーバンライフは大阪の車担保融資です。

迅速な対応がウリで即日の融資も可能です。

また「車に乗ったままでもOK」です。

自分の車をその場で手放さずに引き続き、車を利用しつつ借金の返済をすることが可能。

個人の融資だけでなく事業資金向けの融資にも対応しておるとのことです。

担保となる車を所有していれば審査は柔軟で担保価値の範囲でサックリと借りれると思いますが、借りれる地域エリアは関西圏のみです。

(車担保ローンのアーバンライフの貸付条件)

スポンサードリンク



☆融資額:1万円~500万円

☆実質年率:12.0%~20.0%

☆遅延損害金:20.0%

☆返済期間:1~36回 (最長3年)

☆返済方式:一括返済方式、元利均等方式、自由返済方式

☆担保・連帯保証人:担保は必要(手持ちの車)

☆連帯保証人:不要

☆必要書類:印鑑証明書、住民票、実印、車検証、免許証

☆融資対応地域:関西2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、滋賀県、奈良県)

今日の街金コラム~街金は郵送物は郵便局留めOKか?在籍確認の電話無しでOKか?

消費者金融でお金を借りる時に気になるのは「契約書やキャッシングカードの郵送」と「在籍確認の職場電話」の2つです。

実際に消費者金融に申し込む前に上記の2つを気にされる方が多いです。

「家族にバレないだろうか?」

「会社にバレないだろうか?」

・・・・これは私自身も消費者金融に申し込むときにいつも気にしてしまいます。

大手の消費者金融や銀行系の消費者金融、銀行カードローンなどは、ネット申し込みの場合は契約書やキャッシングカードの送付は自宅に届くようになっております。(消費者金融会社とは分からない名前で送ってはくれますが・・)

消費者金融の申込時に「郵便局留めにしてほしい」と交渉しても、それになかなか応じてくれるところはありません。

それが嫌で無人契約機までわざわざ足を運ぶ人も少なくありません。

そして、「在籍確認の職場電話」

これも正直言って自分の職場に在籍確認電話をされるのはあまり気持ちの良いものではありません。

いくら消費者金融会社名を名乗らず個人名で電話をしてくれたとしても・・・。

しかし大手の消費者金融会社や銀行系の消費者金融会社、カードローン会社などは、ほとんどが「電話での在籍確認」を必須としております

ところで・・・・中小の消費者金融会社などいわゆる街金では「郵送物の郵便局留め」や「電話連絡以外での在籍確認」に応じてくれるでしょうか?

中小の街金も沢山あり全てが柔軟審査ではありません。

大手や銀行系と同じく「郵送物の送付」や「職場電話での在籍確認」をバッチリ行う街金も多いです。

しかし、中には柔軟な審査と対応をしてくれる中小の街金も少なからずあります。

融資契約前に「郵送物は郵便局留めに出来ますか?」と交渉するとそれに応じてくれる街金もあります。

また、在籍確認も「電話連絡無しで在籍確認をしてほしい」と交渉するとそれに応じてくれる街金もあります。

家族にばれずにお金を借りたい人は柔軟審査で融通の利く街金を利用するのもありだと思います。